月別アーカイブ: 5月 2012

岡田副総理の暴言

岡田副総理 「国債の9割が国内保有でも安心できない」
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE84N03T20120524?feedType=RSS&feedName=businessNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPBusinessNews+%28News+%2F+JP+%2F+Business+News%29&utm_content=Google+Reader

いやいやいやいやいやいや。何言ってんのこの人?自分がどういう立場にいて、この国がどういう状況で、その上で自分が何を言ってるのか意味わかってるのでしょうか?

1割が外国人保有としたとき、1000兆の国債の1割ですから100兆です。とんでもない額です。国家予算いくらか考えると対処が難しいのは分かりきってることでしょう? 法改正でレバレッジを日本国家が掛ける場合に限り、天井なしでファンドとやりあえる、とか作ってくれれば話が別ですが、この発言はありえません。
もう少し慎重な発言をお願いします。

コンプガチャショックということにショック。。

世界経済が再び荒狂う中、
コンプガチャがどうだというだけで、ショック呼ばわりする日本のメディアのショックを感じてしまう今日この頃です。

が、実際コンプガチャがどういう仕組化を抑えることはかなり大切なことだと思います。そんな感じで現在分かりやすく解説してくださっているブログを見つけたので紹介です↓
http://sipo.jp/blog/2012/05/post-4.html

要するに、パチンコ・スロットの心理に近いような印象を受けますが、問題は玉やメダルが人からパクられる可能性すらあるというシステムですね。
普通なら法的に泥棒ということで守られることすらケータイゲーム内ということだけでネット上では放置されていたという感じなんじゃないかおもいました。
そもそも僕自身としては、ケータイゲーム会社が株化上がっている意味が分からないんですよね。だって、あれって時間つぶししてるだけでしょ? 本とか読んだ方が良い気がするんですよね。。

速読礼賛みたいな風潮がある一方で、ただの時間つぶしのゲーム、何の生産性もないゲームを提供することに意義があるとは思えないし、有ってはいけないのではないかという気もします。このあたりに矛盾を感じる人も多いのではないでしょうか。