太陽光発電は良いのか?

録画しているある番組で太陽光発電についてやっていた。
1kwh42円の買取制度で儲かるという信じられない程程度の低い表層的な話。

固定価格買取制度で10年だったかこの値段で電力会社が買い続けるわけだが、思い出すべきは原発事故以来、原発擁護派が主張していたこと。それは原発の発電コストが確か8円だったということです。
単純計算、買取制度が原価だするとここに電力会社がその他コストを上乗せして販売することになるのだから、電気代という形でパネルの設置ができないような大部分の人が増税されるのと同じ。
諸外国なら電力会社を選択肢があり、個人がコスト重視か、環境重視かなどで電力会社を選択できるが、日本はプールして全員に強制負担。言い換えるなら、税金とは言わない税金、電気代を使ったバラマキ行政になっていると言い換えられるとおもいます。

しかも、設置は自己負担というのは発電所設置コストを個人に丸投げしているのだからどんだけ電気会社にメリットあるのかと思いきや、リチウム電池で一時充電するためのコストが全く言われていないことを考えると、多分べらぼうに高くなる気がします。
それも今後電気代として個人に丸投げされるとなるはずです。
ずさん過ぎるのではないでしょうか。

今なら42円は今なら固定というが、これだけ発電効率化が加速している中、今パネルを買うのを薦めるような発言は企業からいくらもらってこのジャーナリストは言ってんだと、つい思ってしまいます。

またドイツをモデルにしているみたいな司会の発言んがあったが、ドイツの再生可能エネルギーの発電割合が全体のどのくらい占めているのか知らないで言っているのだろうと思います。
日本と比較にならないレベルで高いので、およそ手本にできないのではないかというのが、僕の持論でしたが、「儲かる」一本調子でしか解説がなかった。

パネルの生産企業の代表みたいなシャープが潰れる寸前みたいになっている中、どれだけ無責任なのかと驚くばかりです。

正直、この番組は普段面白いと思うことも多いのですが、今回のジャーナリストを名乗る人が出る時はどっかの守銭奴みたいな会計士同様二度と見たくないと思いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。