震災ビックデータ特集@NHK のメモ

NHKの特集「震災ビックデータ」という番組の備忘録用のメモ。
とても素晴らしい取り組み動向をまとめた番組でした。
続編希望です。

ツイッター一週間分1億8000万
本田140万台分のカーナビ記録
個人情報になりそうなところは削って提供→プライバシー守られる。

時間ごとの人口データと車のGPSによる動きの記録。
ケータイ情報で誰がどこにいたか位置情報が正確に分かる。

浸水域にいた人数
避難より沿岸部に内陸から向かう人が多いところがあった。
→ピックアップ行動?

陸前高田市
津波到達まで浸水域に留まった。避難場所に向かった人は多い。
3割の人は15分以内に動いていた。

ヨウ素のシミュレーションと避難民の行動奇跡を被せて被爆者数を推計。

グリッドロック(四角形にじゅうたい。ウロボロス的な渋滞)
ある人のデータをその時の状況の体験談と共に提示。抜け道を見つけてなんとか無事。
今後、いかにグリッドロックを解消するか課題。

ビックデータのリアルタイムで活用する試み。
ツイッター経由で伝わった消防への助けを求めるメッセージ。
埋れたものも多々あり、重要な緊急性の高いメッセージをピックアップするシステム作り。

首都直下型地震たいさくのため、走行記録集めるシステム開発済み。
緊急事態の時には、速やかに道路情報が公開される。

ビックデータを使って災害の全体像を見えるようにするシステム。
上空からの映像(スカイマップ)に避難・被災状況などの混雑統計グラフを重ねる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。