バスツアー科学 目がテン

目がテンがまた凄いことやってましたねー。
盛りだくさんのツアーはどこで何を見たかわからなくなるようで、中途半端に見るとあとで自分の中で反芻するらしく思い出になりやすいらしい。ツァイガルニック効果というそうな。

しかし、バスツアーってすげーなw
ストレスもあんまかからずに車で友人といくより良いとか、いろいろプラス面もあるようですし、あとはお金の問題くらいなもんですね。
車窓からの景色もバスの方が高いところからみるので遠景がよく見えて、その分ゆっくり動く映像が見えるため、時間が短く感じられるという錯覚、充実時程錯覚というそうです。見える出来事が少ないと時間を短く感じる現象のようですが、実際にバスケットボールをワンバウンドされるのと、連打されると早送り映像を3秒ずつ見ると全然違いました。人間の生きてる時間って情報量にだいぶ左右されるということでしょう。

これは悪用されると誘導されるなぁ。

速読微妙と思ってましたが、結構やって見たくなりますw

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。