メガクエイク【長時間地震動編】見て

長時間地震動 というと難しく見えますが、要するにあのなが~~~いゆらゆらする地震のことですね。一個の震源ではなく、一か所大きなところが起きたらそれをキッカケに、連続的に同時多発で数か所(今回は5カ所だったようです)でプレートが動いてそれが重なり、何分も揺れ続けるということが起きるようです。

こういう場所を、強振動生成域 というようになったようです。一回目の大きな地震でダメージを受けた部分に連続的に波状攻撃でダメージをドンドン拡大させていくので始末が悪い。20年くらい前(要するに、阪神淡路前の建築基準法)の建物だと1分以上の揺れを前提にしていないので余計にまずいそうですが、1分どころか何分あったんだよって体験している私たちとは、建築基準法の意義を考え直さないといけない気もします。要するに今の法律の水準って、これを満たしてればギリギリまでコストを下げてしまえって言っているようなものじゃないですか。

でも、それって生活を守るものと考えるとどうなんでしょう? アベノミクスとかいうなら、まずこういうところを指摘すべきなんじゃないかと思います。原発の現状もメディアはもっと出すべきでしょう。NHKも宇宙から地球がキレイに撮れたと自慢する例の高感度カメラ。あれこそ暗い原発事故の場所に活用できないもんですかね? 宇宙から小さな窓でハンディカムで撮ってませんでしたか??

話がそれました。波状攻撃は様々な規模でダメージがあらわになっているようです。例えば、

・液状化した後の土地で地滑りが起きる

・建物のコンクリがはがれ、その後鉄骨がむき出しになる

などです。

また、堆積層の方が揺れやすいというのも分かってきたようです。堆積層に、揺れやすい柔構造が重なり、さらに高層階だと三重苦ってことになりそうです。。

こういうところも色々考えていかないといけないと改めて実感させられます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。