南海トラフとメタンハイドレード

最近地震が連鎖的に出始めたりしまして、個人的には富士山の噴火はほぼ間近と考えています。マスクや非常食的なものをもう一度準備したりしました。噴火が起きると火山灰がガラス片みたいになるらしく、肺が痛くなるそうです。気を付けましょう。

 

地下水湧出、マグマだまり10km上昇で富士山の噴火近づくか

湧水の話は3.11以来結構言われてましたしね。このニュースが今取り上げられるというのはちょっと気になります。一方で、アホみたいに避難グッズを買い漁るのも誘導されているみたいなので癪に障るw適度に準備はしておきたいところです。

さて、そんなこんなで災害ネタで、ふと気づいたのですが、南海トラフの地震に警鐘を鳴らしながら、メタンハイドレードに期待するような話が並行して出てくるのに違和感をおぼえてしまいます。当然ですが、南海トラフのラインとメタンハイドレードというベラボウに採掘コストの高い燃料の採掘場所は大体一致するわけですが、そんなところに人を置いて良いのでしょうか?

シェールガスといっても、岩盤砕いてるために地震も起きたりするらしいですし、色々考えないといけませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。