明治6年うさぎバブル タイムスクープハンター

NHKの本気を見られる番組ですね。
明治になって制度が混乱する時、ものにお金が行くのか、ウサギブームがあったとは。カナリヤやネズミもそうだったみたいですが、M6年に兎会集会禁止令まで出ていたそうな。イタコの憑依も確かこの時期に禁止されたような記憶があります。
集会はダメでも売り買いは禁止されていないという当時の法整備のザルっぷりも出ていて面白かったです。

兎の転売ぼろ儲けした人間とか、白兎の毛染め業者までいたとか、娘を売ってウサギを買うとか。。。
最終的に課税対象になって、兎を殺して不法投棄したり、他にはうさぎ肉にして屋台で売ったり。ラスカルブームで野良アライグマが増えたのに似てる気がします。

いつの世も、バブルとブームの関係はきをひきしめないといけませんね、○○さん。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。