日本のインフラが危ない を見て。

自治体とか市が業者に委託して確認させるのはいいけれども、そもそもそのチェックが妥当かどうかを依頼する側がチェックできなければいくら補助金とか撒いても、笹子トンネルのような事故に結びつくことになると思います。

そもそも公務員というのは、一挙一動が公務であるべきなのであって、なぜ気がつけば楽な職場のようなイメージがついているのか理解できません。
安定しているというのなら、その分日々増えた使える時間で勉強することが必要なのではないでしょうか。

職場の空気の作り方でそういうことを自発的にやるようしむけるのが、管理側の責任なのではないかとすら思います。

公共事業などで散々ばら撒いておいてどこまでも手抜きの結果、現在ではインフラが危険というのでは、税金泥棒もいいところのように感じます。この責任はやはりその地域のじちたいに責任を取らせて、解雇などの処置をする必要があると思います。憲法変えるよりもずっとこっちの方が大切なのではないでしょうか。大体設計図がどっかいったってどういう神経してるのか。使う人間の命や生活に関わることでしょう。

笹子トンネル事故のときだったとおもいますが、そもそもコンクリを作るときに必要となる水が不足して、不純物が混ざってる水を使ったという話を聞いた記憶があります。誰か多くの犠牲を払ったのならそこから全国的に反省を促すようなシステムが必要なのではないでしょうか。

無駄な高速道路作って、赤字垂れ流したまま閉鎖ものしないより、日常的に使うインフラをなんとかして欲しいと思います。グローバルとかスカイツリーみたいに目立つところより地に足ついたところからはじめてもらいたいもんです。

南海トラフが危険だと言っておいて、いざみんなが逃げようとした時にインフラが壊れていきなり通行止めとかになったら目も当てられません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。