NHKのアフォーダンスを見る新番組「行動ウォッチャーズ」

毎週火曜日の枠でNHKが始めた「行動ウォッチャーズ」。
タイトルやセットはあんまりカッコ良くないどころか、そこはかとなく「所さんの目がテン」をパクっている雰囲気なのですが、やってることはとても面白かったです。

明らかにアフォーダンスを考えさせる構成だと序盤から匂わせます。定点カメラで人の動きを視聴者にも考えてもらいました専門家らしきおじさんが解説。どうやったら人の動きがどう変わって行くのかを実験して行くという感じで番組が進行していきました。
ちゃんと解説中にアフォーダンスという単語も出てくるのが面白い。たぶん構成作家に松岡正剛さんのファンがいるんじゃないかと思いますww

今回はコンビニの立ち読みコーナーがなぜ窓際に設置してあるのかから始まります。次に、ショッピングモールのお客さんの直感を刺激する仕掛けで誘導したりしてました。ラインで囲うだけで、えらい違いです。また、観葉植物で薄らパースを組んで見えない道を作るなど。まぁすでにやってるところが多いので発見的なものはすくないきもしますが、面白かったです。

入口感といった、人を誘導するときの「らしさ」を知るために人を観察して、こうじゃないかと思考をめぐらし、試しにやってみる。

金もかからないでしょうし、知政治的な思考を養うためのうってつけの番組になるとおもうので長寿番組になることを祈ります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。