明治時代は留学したというけれど

留学関係の番組構成見たりすると、内向き志向になってきたみたいな話題が多い。
が、911以降無差別テロが起きる上に情報だけが錯綜する時代、必ずしも内向きなのか気になる。

もちろん、当時だって騙されて奴隷契約させられたみたいな話があったのは司馬遼太郎さんなども小説に盛り込んでいたと思います。ただ日本は当時貧乏国家で、今はお金持ちと思われ、日本人はとかく狙われる。

そもそも諸外国の治安の悪いところの判別法とか、税金がどういうものなのか、借金の仕方、保険の仕組、政治ってどんなものなのか、生活に必要な知識が学校であんまりしっかり教えていないのに、外国に行けというのは無責任なんじゃないかという気がする。

外に行けというなら、まず日本ってどんな国か話せるようになるべきではなかろうか?内向きというとグローバルという言葉に丸め込まれて自分の国の歴史も知らんと出て行く人も増えると思う。ただそれだと外国と日本の差が見えづらく得る事の出来る情報は少なくなるんじゃなかろうか。まぁ僕は引きこもり系なんですけどw

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。