カテゴリー別アーカイブ: ドイツ語

疑問詞

初期投資として、iPodminiをやめ、ソニーのウォークマン(8GB)に買い換えたのは色々正解でした。語学モードにするとクイックリプレイとして、上ボタンを押すと大体短文一行くらいを再生しなおしてくれるのが、今のところ知らなかった機能として一番重宝していますw

もう一つ再生スピードが0.25倍間隔で2倍くらいまであげられるので少し早めに聞いて置いて、後からノーマルスピードに落とすと普通に聞けるようになってるのは不思議ですww筋トレで鉄アレイを5kgを持つとき、最初10kgから持ちかえると軽く感じるのに似てるのかもしれませんね。

語学は筋トレに近いとすると、そういう意味では過剰に効率をあんまり求めないでやるのも一つかもしれませんね。

今回は「第4課 疑問詞」をやったんですが、疑問文と語順がダイレクトに関係する(疑問詞あり:動詞は文の2番目に必ず置く、Ja/Neinで返す疑問文は文頭にくる)ドイツ語ですので、ついでに語順入れ替えの練習も組み込まれていたので、ますます日本語っぽい入れ替えで親近感すら感じ始めましたw一ヶ月前じゃありえんことですww

今使ってるテクストは、前に出てきた動詞を何度も例文で使うので自然と覚えていけるよう配慮を感じました。逆に筋トレ方式とも言えるので、そのあたり適度に自分なりに工夫もしてます。同じような文章で単語や疑問詞がちょっと入れ替わった程度の文で何度も空欄が並ぶのですが、今のところ紙に書き出しています。

ちなみに書くとき使っているのは安物ですが万年筆(パイロット コクーンシリーズ)です。力も入らないので書くのが億劫になりづらいですし、何よりアルファベットとの相性が良い気がします。ちょっとカッコよく字が書けますw

また普段はボールペン使いなので、あんまり使わない万年筆を語学用にすることで、万年筆を持つだけで頭のスイッチが切り替わる気もします。そんな万年筆使用でしたが、本日インクが切れて、しょうがないからボールペンに替えたらその瞬間集中力が一気に切れました(ーー;) 我な単純。。

ということで、しばらく動詞漬けのカリキュラム。頑張ります☆

ドイツ語の装備変更  文法書と単語帳

一か月とりあえずバックに入れていた「ドイツ語ブック」。薄い割に幅は取るサイズだったのですが、いざ無くなってみると中々寂しい気もしてきて、少なからずドイツ語に愛着でも湧いてきたらイイなぁとか思いつつ、佐藤優さんがオススメされていた独単帳「新独検合格 単語+熟語 1800」(第三書房)を買い、文法書はとりあえず自分が全部クリアできそうなモノを選んで二冊持ち歩き始めてます。

単語の目安は標準的なペースだと一時記憶であれば100語を90分くらいで覚えられるそうです。実際早速昨日やってみましたが、確かに英単語に似たものもあるので結構いけそうな感じがしました。入門書で見た単語も多いから、ある程度定着率もありましたが、初見のものがこれから多くなると、100個やって10個覚えてたら御の字ってくらいのペースでまずは一通り文法書の方とバランス考えながらやってみるつもりです。

以前も書かせていただきましたが、僕は「本気で学ぶドイツ語」という本を購入しました。理由は、動詞の変化と格変化を分け、集中的に覚える構成になっているためですが、本書はもう一つ工夫されています。それは「不定詞句」の例文を多用することで、日常的なやりとりを想定していることです。本書では不定詞を

「主語も時制も文の種類も定まっていない不定な形、これからあらゆる応用ができる形」

と説明されています。僕の感覚だと、これから調理の仕方によって意味が付加されていく材料に当たるのが不定詞なんじゃないかと思います。英語で「to不定詞」と覚えていたので、そういう意味だったのかと正直驚きましたww(ーー;)

で、不定詞句から、疑問文や助動詞付けた形とか、単語の位置を入れ替えることを披露して説明してくれます。が、助動詞とかどういう綴りか曖昧な僕としては結構面食らった感じです。あとでやるからこんな感じくらいに、本日は動詞編第一章に突入しました。

ドイツ語ブックを終え、本格的な参考書に入りました。

どーも、嗣空です。

1000円程度の価格で、ドイツ語の音や雰囲気に触れるのに丁度良いと思いやり始めた「ドイツ語ブック」。

なんとなくフンワリとドイツ語と仲良くなれた気がしてきたので、お役ご免と相成りました。中身を覚えたのかというとそうではないです。むしろ、ほとんど覚えてません。

でも、単語帳の簡単な例文が呪文のごとく全部が意味不明なものという感じではなくなり、他の参考書の足掛かりにはなったと思うので、ちゃんとステップアップできそうな本に早々に変えることにしました。この超初級レベルの参考書を軽視しているのではなく、NHKラジオ講座もやり始めたんですけど、この入門編で十分対応できるんですよね。入門書の全体像を本で見たので、あとは山を登るだけ。ラジオ講座の方がピンポイントにしっかりと解説してくれるので、一つ一つを確実に理解できると思いましら。以上から「ドイツ語ブック」はさよならします。

ちなみに、応用編は何言ってんのか初心者には全くわからんハイレベルです。リアルになんもわからんし、問題も単語も文法も不明ww 一冊の本にまとめるのってどうなんだってくらい入門編とレベルが違い、逆にギャップを埋めるための橋架けになる基礎を作れそうな参考書を探す必要を感じました。

ってことで、いざ本屋さんへ☆

何を買ったかと言いますと、、、

『本気で学ぶドイツ語』(ベレ出版:滝田佳奈子著)

です。購入した理由は2つあります。

1つは、ベレ出版(クオリティ高い本が多い気がします)で、口語体で書かれている本書が授業っぽくて良いなぁと感じたから。

もう1つは、「はじめに」に書いてある内容です。ドイツではネイティヴ向けの参考書の中には、動詞と名詞を分けて勉強するスタイルのものがあるそうです。つまり、まず動詞の人称変化をガーッと抑えて、そのあと名詞・形容詞の格変化をすることで、二つの変化の混同を防ぎながらドイツ語を学んでいくということですね。これに非常に惹かれました。大まかに変化しますって、ボヤーっとはわかりましたが、それ以上意味不明だったんでこれはイイ(きがする)とww

カラーは少ないですがレイアウトも見やすい。とりあえず今日は一気通貫で30分くらいでバーッと全部に目を通してみます。結構、堅苦しいイメージにドイツ語勉強が楽しくなってきました( ^ω^ )

ドイツ語をはじめました。

英語がまともにできるわけでもないのですが、どうもわかっているところと分からなくなったところの境目がイマイチ自覚できず、それなら一層0スタートで別の言語からやってしまって、そこと比較して英語のどの部分が弱いのか確認できればなぁ〜〜とか考え続けて何もやらなかった今まで。

先日、某カルチャーセンターで知り合った方と話していて、ひょんなことから「ドイツ語やりましょう!」ということになりました。カルチャーセンターの講座というのは、お互い顔見知り程度の関係ですが、強制的に一定の期間で顔をあわせるし、友人というほど仲もよくないので失礼なこともできず、要は「やりましょう」ということになるとやらざるを得ない、中途半端な縛りができるんで、そういう意味で語学勉強の進捗をお互い確認するにはちょうど良い間隔をあたえてくれますw

早い話が、お互い中途半端な関係のために、やめるにやめられないのでやらざるをえない。かといって、ちょっとサボってもお互い文句も言えない。そんな理想的な環境がカルセンとの知人にはあるわけです。

変にサボりようものなら、ちょっと気まずい感じになりますwww

ということで、本屋に行ってお互い入門の入門くらいの、英語で言うなら中一くらいでやりそうな、「ドイツ語ブック」という本を購入しました。2週間くらいで次の講座があり、

「お互い顔をあわせるのでそれまでにやれるだけやりましょう」

というゆるい縛りではじめたら、だいたい顔を合わせて確認すると似たような進捗。これは良いということで、早々に最初に買った「ドイツ語ブック」はお役御免。私の仲でこれは、未知との、もとい道との遭遇になるドイツ語と仲良くなるための踏み台でしかなかったわけです。

大筋、この本をざっと眺めたので、つづいて単語帳のセレクト。

ちょうど良いことに、佐藤優さんのメルマガで、「新・独検合格 単語+熟語1800」が勧められていたこともあり、これを購入。

この単語集は単語と例文をひたすら読み上げていくCDがついているので、キクタンが合わない私としてはとてもあリがたい感じです。PCに音声を取り込み、何言ってるのほとんどわからん状態でまずは全部歩いてる時、電車に乗ってる時などを利用して一気通貫に聞きました。

超基礎、4級、3級、2級+熟語などという構成になってるので、騙されたと思って順に覚えていければと思っています。

自慢じゃないですが、挫折が早い方なので単語帳を購入した今、何としてでもドイツ語単語2000語くらいは覚えたいと思いこのブログで独白的な記録を残そうと思い、この文章を書いています。。

ということで、次回からどんな感じでドイツ語の勉強を進めているか、きづいたことをメモっていこうと思います。

よろしくお願いします⭐︎

タグ ,