カテゴリー別アーカイブ: 医療

眉間ムズムズ記録

意味不明なタイトルで申し訳ないです。が、実は大きめな地震や噴火が日本国内であるちょっと前に眉間がムズムズするという話を友人にしたら、「実は足骨折した古傷が痛む」「空気中の周波数が違って耳がイタイ」等、似たようなオカルトもどきの話が上がり、ちょっと記録してみようと思った次第ですw

5/5火曜:13時20分くらい

5/7木曜:18時40分

5/9土曜:8時16分

5/10:11:37

間に数回小粒なのがある。

5/11:12:54

同20:48ームズムズ長い
5/13 地震 震度5岩手

サイエンスゼロ 癌 メモ

VEGFが出されると、血管がそこに向かって伸びて行く。
低酸素状態のところに向かう。
→ガンは血管だらけ。血管新生を悪用して急激に大きくなる。

2mm超えると急激にVEGFを出し始める。
分裂周期18時間と通常の細胞の倍のスピード。酸欠になりやすい。
周りの環境である血管までかえて成長しだす。
ゾンビ血管→染色体が1本や3本・4本と細胞そのものの構造をも変化させる。

ベバシズマブという薬→癌に血管を伸ばさないようにする薬
→より癌がVEGFを出したりし出すのが課題。

バソヒビン=体内で合成されるたんぱく質。血管をちゃんと直して血流を正常にすることで、抗がん剤をダイレクトに癌に送る。10分の一くらいの進行速度。

動脈作るの大変だったが、動脈に幹細胞も移植するとどんどん伸びて行く。

ガイアの夜明け ガン治療

今回のガイアの夜明けはガン治療でしたね。
前半は放射線治療にかこつけて、原子炉の宣伝したいのかと思ってしましましたが、最終的に中性子を出す別の機械が出てきて良かったです。
設置場所が郡山市というのが何とも皮肉ですが、逆にいえば、福島で癌患者が増えることを前提にしているようにも感じます。東日本大震災当時の政府の対応がお粗末だったことに改めて不快の念を禁じえません。
ホウ素が原発事故以降有名になり、久しぶりにメディアで聞いた単語です。一度こういうの話をそう復習しないと。。。

一方、タカラバイオ社がヘルペス菌の仲間「HF10」という癌に好んで感染し死滅させるウイルスを作ったとか。マジですごい!
ロシアにBNCTに輸出がうまくいって、ガン治療先進国とかにロシアがなったら、いまのプーチン大統領なら面積等分が終わったあとでさらに友好関係強化ということで残りまでいけるようにかんじます。

医療輸出の具体的な内容が垣間見れてとても良かったです。

今後の動向がたのしみです。一方先進医療と治験の違いって何なのか気になるところです。データをとっていることに変わりないなら、むしろ実験台になる人にお金を払うのが筋な気もします。

老化と細胞分裂 メモ

BSドキュメントのメモ

細胞分裂 50回で止まる
ヘイフリック限界

染色体の末端=テロメア(ガード)
コピーの最中末端までコピーしきれない。
短くなりすぎると、染色体が死滅する。

テロメラーゼ酵素でちゃんとコピー仕切るようにすると、分裂が続く。
通常の10ー100倍。テロメアの長さは一つの指標となりうるっぽい。

今のところ、シャーレ内以外では証明されてない。
ガン細胞も促進される。
ザリガニは老けない、テロメラーゼが高い値で検出。
生活習慣の問題?

親族の介護などやっているストレスを抱える人は、細胞の老化が早くなってる。
自分をケアする時間が取れない人。

ストレスを軽減する90日間の体操や食事調整などのプログラム。
スーパーシニアのテロメアは年相応の長さ。

プシコースとブドウ糖

録画してたサイエンスゼロの備忘録。
落ちこぼれの糖から一気に希少糖というランクアップをしたプシコース。

ホルムアルデヒドって聞いたことある単語でしたが、糖の祖先とは知らなんだw
ホルモースという原始環境でドサクサ紛れにキシリトールもあったとは。
糖も生存競争みたいなことが起きた上でその最終的な勝ち組がブドウ糖だったそうですね。ブドウ糖自体が連結できて体内に貯めておけるという利点があったようですが、逆に現在先進国では溜め込みすぎるという贅沢病なんだと改めてこういう構造を見ると実感させられますね。水しかり。

植物の成長ホルモンを抑える性質がある中、ズイナはプシコースの耐性を持ち、しかも葉にプシコースを作り出して枯葉を自身の近場に撒くことで天然の除草剤みたいなことをしているようです。
やるズイナですw

構造をちょっと変えるだけで今まで考えもしなかった効果は期待できる反面やはり怖い面もあるでしょう。ガン細胞の抑制と聞けば聞こえはいいですが、逆に言えば悪化させたり普通の細胞へ攻撃することもできる物質があるということです。
自然淘汰されたはずの物質的な化石が復活することはある意味放射性物質に近いものを見つける作業のようにも思います。この辺りは一人一人が意識してチェックしたいところですね。

iPS と癌治療の進展

がん細胞が吸収する物質 愛知県がんセンターなど発見

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1804D_Z10C12A7CR0000/

 

がん幹細胞:腫瘍形成能力を無力化 山大医学部などが薬剤を発見 5〜7年後の実用化目指す /山形

http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20120720ddlk06040024000c.html

慶応大、細胞の大敵「活性酸素」でがんを兵糧攻めにする治療戦略を発表

http://news.mynavi.jp/news/2012/07/20/002/

iPS細胞から肝細胞への分化特性の差はドナーの違いが大きな要因 – 京大

http://news.mynavi.jp/news/2012/07/19/078/

さい帯血 iPS研究利用容認

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120719/k10013712811000.html

 

とまぁここ一週間引き籠りの分際で慣れない移動をしたり、暑かったり寒かったりでテンションの調整ができず体調がどうもよろしくない。まぁ今度外国行くんですが、その期日が迫っているにもかかわらず英語の基本フレーズを覚えようとすると眠くなってしまう大昔の受験体質が復活しているというのも原因なんでしょうけども。。

しかし、世の中は進みますね。放射性物質がばら撒かれてからというもの、iPSは外国にも研究お願いしたりとどんどん医療の情報シェアが進んだのでしょうか。すさまじい勢いで話が進展していますよね。なんだかきっかけがきっかけなので複雑な想いですが、やらないよりはやってくれた方がずっと良い。。

ただ、こういう医療に関して一つ本来なら出てこないといけないニュースが出てきていないことが、僕自身としてとても気になるところです。

それは保険についてです。

高額な医療費の免除 外来、入院分かれ対象外に

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120720/bdy12072008040001-n1.htm

こういうニュースは出るんですが、保険の対象がより広がりましたと言う話を聞かないんですよね。僕自身が知らないだけで広がって入るのでしょうが、当然癌の問題は東京辺りも被害を想定しておくべきことでしょう。

治療ができても、保険が間に合わないので高額になりました、お金のない方さようなら。

そりゃいくらなんでもないでしょう。例えばこういった技術ができたのなら、「もしこれで癌治療に効果があるのなら、保険の対象にする」というような発表も付随してもらえるととても安心します。

デモの先頭で声をあげてくださっている方にはこういった指摘もついでにしてほしいなぁと思います。

 

幹細胞培養液で骨再生

幹細胞培養液で骨再生 名大院グループ

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012070190003144.html

 

幹細胞使わず骨再生、培養液で安全性高める 名古屋大

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3002S_Q2A630C1CR8000/

リスクも下がって幹細胞移植のコストも1~2%程度まで圧縮できるって。過労死も怖くないとか真顔でいう人がその内でて着そうで怖いな。。腱鞘炎とかになったら、筋取り替えたりするのか。。骨折の時ボルトの替わりこれで継ぎ足すのは良いけど。。

iPS細胞で山中教授受賞☆

京大・山中教授にミレニアム賞 フィンランドで授賞式

http://sankei.jp.msn.com/science/news/120613/scn12061316140003-n1.htm

いやはや、おめでとうございます~~! 倫理的な指摘も出てきていますが、やはり未来が広がったiPS細胞!これからも色々と見つけてくださいませ☆ とおもっていたら、

「悪いiPS細胞」判別法、山中教授ら発見

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120613-OYT1T00991.htm

がん化の危険性の高い細胞を見つける方法を発見されたとは。。恐れ入ります。。というか、iPS細胞に良し悪しがあったとは知らなんだ。

酵素除きがん細胞死滅 愛知県がんセンター研

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012061290020329.html

一方で負けていませんね、この発見。やはり原発事故ということもあり、おそらく抗ガン治療に関する問題にお金が流れているのかもしれません。そういう意味ではキッカケは残念ですが、それでも希望の芽を探してくださる方々に心から感謝します。

脳の神経回路作る物質を解明、再生医療応用も 京大

 http://sankei.jp.msn.com/science/news/120613/scn12061315380002-n1.htm

京大スゲー。最終的にボケの問題とかにも持って行けるんでしょうね。

京大、低品質iPS細胞を見分ける遺伝子発見

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG13049_T10C12A6CR8000/

【その他関係記事】

再生医療学会が開幕-山中京大教授が講演「iPS研究はパズル」

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020120613eaak.html?news-t0613

アトピー性皮膚炎の原因解明 佐賀大学研究チーム

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220612061.html

iPS細胞を経由せずに特定の機能を持つ細胞作製に成功

http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2012/120314/index.html

がん攻撃のT細胞をiPS細胞から作製…東大研

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120610-OYT1T00351.htm

ヒトiPS細胞で膵島・肝臓の組織作製 東大・横浜市大

http://www.asahi.com/health/news/TKY201206140548.html

人iPS細胞でアルツハイマー症状改善

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1300Q_T10C12A6CR0000/

 

 

タグ ,