カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

生徒さんの道具を購入しに

本日は、午前中にお道具屋さんにいって生徒さんがお使いになる筆や墨などを購入しに行って参ります。

スターターキットってやつですw

基本的に練習用の紙以外はそれなりのレベルの物を使ったほうが上達してからも良いわけで、筆に関してはとりわけそうなんですよね(紙は作品作りではないので、安くて沢山かける方が良いです)。

同じ長流でも、お店によって毛のボリュームが違ったりもします。これは教えてる先生の好みもあるとおもいますが、突き詰めると生徒さんにとって基準となってくれる一本、そんな筆を選ぶのが良いと思っております。

ですので、こいつだけは妥協せん方が良いので、ちょいと値の張るものになります。それでも、水墨画用の筆は他の書家さんの筆の高価と比べれば1万円はいかないので安いですがw

何にせよ、これから道具屋さんと色々確認しつつ選んできます⭐︎

大体1ページ10〜12分が目安?

どーも、ドイツ語はじめた嗣空です。

地道にドイツ語を続けています。こないだまで暗記嫌いの僕が、意外や意外、何故か長続きしております。

他の読書の合間にやることもあり週三課くらい進めばいいやくらいに考えると結構続きますね( ^ω^ )

あとはNHKラジオ講座「まいにちドイツ語 入門編」もやっています。入門は一回15分×3=45分のカリキュラムですが、3日目は前二回30分の復習になってるので、これを録音しておいて45分ぶっ通しでやり、もう30分くらい使って要点や例文をノートにまとめているだけですが、比較的定着していると思います。

ラジオ講座でやったことをボンヤリ覚えておき、メインで扱っている参考書に適宜書き込みしていくと、相補的になっていくんじゃないかと思ってます。

で、参考書(「本気で学ぶドイツ語」)第三課が終了したんですが、少し効果が出てきた気がします。ドイツ語慣れのためにNHKテレビ版のドイツ語講座も一応見ていたんですが、突然今まで意味不明だったテクストが読めるようになってきましたwどんだけあの番組は入門だったのかww

単語帳は現在「辞書もどき」まで役割を落としています。使っている文法書がこと単語に関しては特に「こういう意味です」ってなくて、

[日本語一行/ドイツ語例文一行]

とだけ出てくるんですよ。だから知らない単語が2〜3並ぶと副詞あたりが危うくなってくるので、それを確認する必要があり、単語帳で確認する感じです。

メインを文法書に設定したので、先に出てきた単語を優先して覚えていき一通り終わったら単語帳に集中していけたらと思います。文法書だけで2時間くらい持っていかれると、単語までやろうとするともう一時間半くらい取られて本が読めないので妥協しました。もうちょい動詞の変化とか考えずに変換できるようになったら、単語をやる時間もできるはず。それまでちょっとバランスを変えてみます。

とりあえず、テレビの一文くらいは違和感なく読めるくらいになったということで、少しずつ前進しているはずw頑張ります☆

鼻の付け根が

ムズムズする。。

5月31日 9:45くらい

6月1日8:34

6月13日20:26

14日 10:30くらい

18日18時くらいから22じ40分現在ずっと継続中。

ドイツ語の装備変更  文法書と単語帳

一か月とりあえずバックに入れていた「ドイツ語ブック」。薄い割に幅は取るサイズだったのですが、いざ無くなってみると中々寂しい気もしてきて、少なからずドイツ語に愛着でも湧いてきたらイイなぁとか思いつつ、佐藤優さんがオススメされていた独単帳「新独検合格 単語+熟語 1800」(第三書房)を買い、文法書はとりあえず自分が全部クリアできそうなモノを選んで二冊持ち歩き始めてます。

単語の目安は標準的なペースだと一時記憶であれば100語を90分くらいで覚えられるそうです。実際早速昨日やってみましたが、確かに英単語に似たものもあるので結構いけそうな感じがしました。入門書で見た単語も多いから、ある程度定着率もありましたが、初見のものがこれから多くなると、100個やって10個覚えてたら御の字ってくらいのペースでまずは一通り文法書の方とバランス考えながらやってみるつもりです。

以前も書かせていただきましたが、僕は「本気で学ぶドイツ語」という本を購入しました。理由は、動詞の変化と格変化を分け、集中的に覚える構成になっているためですが、本書はもう一つ工夫されています。それは「不定詞句」の例文を多用することで、日常的なやりとりを想定していることです。本書では不定詞を

「主語も時制も文の種類も定まっていない不定な形、これからあらゆる応用ができる形」

と説明されています。僕の感覚だと、これから調理の仕方によって意味が付加されていく材料に当たるのが不定詞なんじゃないかと思います。英語で「to不定詞」と覚えていたので、そういう意味だったのかと正直驚きましたww(ーー;)

で、不定詞句から、疑問文や助動詞付けた形とか、単語の位置を入れ替えることを披露して説明してくれます。が、助動詞とかどういう綴りか曖昧な僕としては結構面食らった感じです。あとでやるからこんな感じくらいに、本日は動詞編第一章に突入しました。

ドイツ語ブックを終え、本格的な参考書に入りました。

どーも、嗣空です。

1000円程度の価格で、ドイツ語の音や雰囲気に触れるのに丁度良いと思いやり始めた「ドイツ語ブック」。

なんとなくフンワリとドイツ語と仲良くなれた気がしてきたので、お役ご免と相成りました。中身を覚えたのかというとそうではないです。むしろ、ほとんど覚えてません。

でも、単語帳の簡単な例文が呪文のごとく全部が意味不明なものという感じではなくなり、他の参考書の足掛かりにはなったと思うので、ちゃんとステップアップできそうな本に早々に変えることにしました。この超初級レベルの参考書を軽視しているのではなく、NHKラジオ講座もやり始めたんですけど、この入門編で十分対応できるんですよね。入門書の全体像を本で見たので、あとは山を登るだけ。ラジオ講座の方がピンポイントにしっかりと解説してくれるので、一つ一つを確実に理解できると思いましら。以上から「ドイツ語ブック」はさよならします。

ちなみに、応用編は何言ってんのか初心者には全くわからんハイレベルです。リアルになんもわからんし、問題も単語も文法も不明ww 一冊の本にまとめるのってどうなんだってくらい入門編とレベルが違い、逆にギャップを埋めるための橋架けになる基礎を作れそうな参考書を探す必要を感じました。

ってことで、いざ本屋さんへ☆

何を買ったかと言いますと、、、

『本気で学ぶドイツ語』(ベレ出版:滝田佳奈子著)

です。購入した理由は2つあります。

1つは、ベレ出版(クオリティ高い本が多い気がします)で、口語体で書かれている本書が授業っぽくて良いなぁと感じたから。

もう1つは、「はじめに」に書いてある内容です。ドイツではネイティヴ向けの参考書の中には、動詞と名詞を分けて勉強するスタイルのものがあるそうです。つまり、まず動詞の人称変化をガーッと抑えて、そのあと名詞・形容詞の格変化をすることで、二つの変化の混同を防ぎながらドイツ語を学んでいくということですね。これに非常に惹かれました。大まかに変化しますって、ボヤーっとはわかりましたが、それ以上意味不明だったんでこれはイイ(きがする)とww

カラーは少ないですがレイアウトも見やすい。とりあえず今日は一気通貫で30分くらいでバーッと全部に目を通してみます。結構、堅苦しいイメージにドイツ語勉強が楽しくなってきました( ^ω^ )

ドイツ語をはじめました。

英語がまともにできるわけでもないのですが、どうもわかっているところと分からなくなったところの境目がイマイチ自覚できず、それなら一層0スタートで別の言語からやってしまって、そこと比較して英語のどの部分が弱いのか確認できればなぁ〜〜とか考え続けて何もやらなかった今まで。

先日、某カルチャーセンターで知り合った方と話していて、ひょんなことから「ドイツ語やりましょう!」ということになりました。カルチャーセンターの講座というのは、お互い顔見知り程度の関係ですが、強制的に一定の期間で顔をあわせるし、友人というほど仲もよくないので失礼なこともできず、要は「やりましょう」ということになるとやらざるを得ない、中途半端な縛りができるんで、そういう意味で語学勉強の進捗をお互い確認するにはちょうど良い間隔をあたえてくれますw

早い話が、お互い中途半端な関係のために、やめるにやめられないのでやらざるをえない。かといって、ちょっとサボってもお互い文句も言えない。そんな理想的な環境がカルセンとの知人にはあるわけです。

変にサボりようものなら、ちょっと気まずい感じになりますwww

ということで、本屋に行ってお互い入門の入門くらいの、英語で言うなら中一くらいでやりそうな、「ドイツ語ブック」という本を購入しました。2週間くらいで次の講座があり、

「お互い顔をあわせるのでそれまでにやれるだけやりましょう」

というゆるい縛りではじめたら、だいたい顔を合わせて確認すると似たような進捗。これは良いということで、早々に最初に買った「ドイツ語ブック」はお役御免。私の仲でこれは、未知との、もとい道との遭遇になるドイツ語と仲良くなるための踏み台でしかなかったわけです。

大筋、この本をざっと眺めたので、つづいて単語帳のセレクト。

ちょうど良いことに、佐藤優さんのメルマガで、「新・独検合格 単語+熟語1800」が勧められていたこともあり、これを購入。

この単語集は単語と例文をひたすら読み上げていくCDがついているので、キクタンが合わない私としてはとてもあリがたい感じです。PCに音声を取り込み、何言ってるのほとんどわからん状態でまずは全部歩いてる時、電車に乗ってる時などを利用して一気通貫に聞きました。

超基礎、4級、3級、2級+熟語などという構成になってるので、騙されたと思って順に覚えていければと思っています。

自慢じゃないですが、挫折が早い方なので単語帳を購入した今、何としてでもドイツ語単語2000語くらいは覚えたいと思いこのブログで独白的な記録を残そうと思い、この文章を書いています。。

ということで、次回からどんな感じでドイツ語の勉強を進めているか、きづいたことをメモっていこうと思います。

よろしくお願いします⭐︎

タグ ,

眉間ムズムズ記録

意味不明なタイトルで申し訳ないです。が、実は大きめな地震や噴火が日本国内であるちょっと前に眉間がムズムズするという話を友人にしたら、「実は足骨折した古傷が痛む」「空気中の周波数が違って耳がイタイ」等、似たようなオカルトもどきの話が上がり、ちょっと記録してみようと思った次第ですw

5/5火曜:13時20分くらい

5/7木曜:18時40分

5/9土曜:8時16分

5/10:11:37

間に数回小粒なのがある。

5/11:12:54

同20:48ームズムズ長い
5/13 地震 震度5岩手

歯が痛い

311のあと気がついたことなんですが、時々歯が痛いか眉間がピリピリすることが起きるようになりました。
そして、その後噴火や地震がどこかで起きたりすることがままあります。

先ほどから、歯が痛くなってきたので、もしかするとどこかで起きるかもしれません。なにも起きないこともあるので、何も起きなければいいのですが、、、歯が痛い。

ほとぼり冷めたと思いつつ、選挙について。

陰謀だとかどうでも良い。
だけど、単純な数字だけでも把握をし直しておきたいな。。
って、そう思いました。

アベ政権が国民に選ばれたのでしょうか?
選挙に当選する事と国民から信認を得られた政党であるかは、必ずしもイコールではないでしょう。

今回のアベ政権に関わらず、自民党の得票数って基本的に2000万票前後がずっと続いているわけですよね?
つまるところ、一定の人(しかも同じ人だと思う)が自民に投票する訳で、それ以外の人が参加するかどうか。
自分が選挙に行こうが関係ないというスタンスの人に対して、どうやって足を向けさせるか。
「違うでしょ?」って言うだけなら、僕が仮にその人の立場なら行きません(僕自信は朝一で投票しました、念のため。)。

まず、第一に有権者(投票できる人)の人数って、日本で約1億人です。
ここから話をすべきだと思います。すると、投票率が5割というのは、5000万人が辞退しているという事になる。
ここで、自民党の得票数が2000万前後だと言うと、5000万人の人が仮にバラバラに色々な野党に投票したらどうでしょうか?

前提として、現状、全体が1億で、5000万のうち2000万前後が自民に流れています。逆に言えば3000万くらいは別のところに流れている。これで今回の選挙は終わりでした。
では、仮定の話ですが、もし投票を棄権された正直な人達(入れたいやつがいないという主張)が、アベノミクスが資本の論理において、完全にズレている、散々初期にはアベノミクスを推進することを訴えた連中が「やっぱり・・・」と手のひらを返した光景を見て、ありえんだろと思ったとします。とりあえず「今後は、気軽に総選挙とか言って、600〜700億円かかる無駄遣いををさせたくない」という意見を持っていたとします。

自民党の2000万前後の票数に対して、3000万くらいがバラけているところに、浮動票どころ自民党の得票数の2,5倍の5000万票が、3000万票に上乗せされることになります。
つまり、
 与党の2000万票 vs 8000万票の野党
という構図です。
本当に1票が軽いでしょうか?
こういう話の論理展開を丁寧にしていけば、説得できると僕は考えています。
ただ、これは真面目に新聞とかの誘導に流されないようにする必要があります。
日経なんて、ガソリンが安くなったみたいな記事を直前に出してますが、円安のせいで物価が上がりだしてる中、頭大丈夫かと思う勢いです。あんな新聞に広告出してるスポンサーの商品は絶対に買いたくないですよね。物価高をごまかして、ガソリン価格を優先するような記事を後押しするような企業なんですから、良い度胸してますよ。真っ先にそういう企業の商品から買わないようにしましょう。
(新聞を叩く人がいますが、基本的にスポンサーのような金づるを叩く方がメディアは困ると思うんですね。そうすると、テレビの視聴率も必ずしもほめられたものではなくなり、むしろ企業が監視されているんじゃないかと不安になることでしょうw)

僕が今回言いたい事は、1票の価値を金銭的に換算したアピールも大事だとは思うんですが、
それ以上に意味がないところに意味を持たせるために投票に行くべきだということなんですよ。
なぜ、投票の前にこういったことを書かなかったのかと言えば、予想はできたとはいえ総選挙がいきなりすぎて、他の方のブログとかと被ってしまうと思ったためです。
次の選挙までは時間があります。なにせ、アベさんのことですから次は任期は全うすることでしょう(経済破綻が起きなければですが。)
選挙が終わって、メディアが迎合し終わった今から、本来選挙について考えると言う話をすべきだと思います。
それは次の選挙で同じようなことを起こさせないために。
気軽に総選挙を起こすとイタい目を見る、大学受験程度の知識もない政治家が次はどれだけ痛い目を見るか。
そういう監視の目を国民が養う期間はこれからだと思います。
なにせ8割から賛同を得られていない政権なんて、ありえないですよ。
勝った負けたは、政策には無関係です。

エヴァ3.0+1.0

Twitterにも上がってましたが、短期間に劇場版エヴァンゲリオン「序破Q」を見ると、
ミサト「行きなさい!シンジ君!!誰かの為じゃない、あなた自身の願いの為に!」
がものすごく気になりますねw

不思議の国のアリスをベースに旧約聖書をベースに組んでいたストーリーが、13(12+1)というナンバーですから、次のセクションに入ったと考えるのがやはり妥当なのでしょうか。カヲルくんもまた会える的な雰囲気だしてましたが、それはエンドレスにグルグル似たようなメビウスリング的に入れ替わる世界だったのと考えると、ラストシーンでシンジがバロック(無限/エンドレス)のシンボルとして使われていたカセットウォークマンを落とすのは、次の話のフラグなんだろうかと感じます。
そう考えると、魚の骨みたいなヴンダーは、ユダヤからキリスト教(新しい世界)にシフトしたんだろうと、色々妄想が膨らみますね。

しかし、せめて次がいつ公開されるのかくらいは出してほしかった。。
たしかアリスは1865年に発刊されていますから、150年記念とかを狙って、2015年に公開される気はしますがかなり楽しみです。
また、なにか気づきましたらブログに書かせて頂きます。